スピリチュアル&スピリットスパ「スピスピスパ」は自然療法・岩盤浴・整体・ボディ・フェイシャルエステを中心としたヒーリングサロンです。

よくある質問
お問い合わせ

自然派プロダクツ フラワーエッセンス



フラワーエッセンス

自分を大切に扱う…

日々生きていく中で、「本当にこれで良いのか?」と迷ったり、自信をなくしたり、自己嫌悪に陥ったり、イライラする感情をもてあましたり。でも、どうしていいかわからず、一人で葛藤する…。
そんな時は、花の波動を借りて心のケア。自分で自分のココロを癒す。それがフラワーエッセンス。
お花のパワーを凝縮した”飲む”エッセンスは、感情をマイナスからプラスに変える植物療法の一つで、精神のバランスを保ったり性格を改善したりします。心が元気であることで体も健康を保ちやすくなります。


仕事上や子供に対して怒ってばっかり・自分も他人も許せない時に
人からどう思われているか気になる・まわりと比べ劣っていると感じてしまう
ちょっとしたことでも落ち込む・悪い方へ考えてしまう
すぐにイライラする・短気・人を急かしてしまう・落ち着かない
体も心もヘトヘトに疲れはてエネルギー不足・人を応援するときのサポートに
気弱になってイヤといえない・お人好し・積極的に自分から言えない時に
心配ごとや色々な思いが次から次へと頭をめぐる・心が休まらない・考えすぎて眠れない
対象がはっきりした恐れや不安がある・内気で臆病・人前に出ると赤面する引っ込み思案
あなたのためにやったのにと見返りを求めてしまう・相手が思い通りに振舞ってくれないと不満に思う
本当は悩みがあって苦しいのに明るく振舞ってしまう・自分の悩みをなかなか打ち明けられない
自分の考えを通そうとやりすぎてしまう・不正を見ると正したくなりストレスを感じる
優柔不断・気まぐれ・気分や体のコンディションが変わりやすい・めまい・乗り物酔い

※バッチフラワーレメディは上記の他、計38種のエッセンスがございます。


こんな選び方も

■ 細かいことが気になって仕方がない・潔癖症

  → クラブアップル

■ 物事を速く終わらせたくてピリピリしている

  → インパチェンス

■ 内気で人前などでビクビクしてしまう

  → ミムラス

■ 周囲の人の一挙一動に対して批判的になる

  → ビーチ



■ 未来や夢の世界ばかり考えてしまう

  → クレマチス

■ 過去のことばかり意識が向いてしまう

  → ハニーサックル

■ 色々なことの心配ばかりしてしまう

  → ホワイトチェストナット



フラワーエッセンスが変えてくれるのは凝り固まった思考パターン

同じことを言われても人によって捉え方は違います。
上司に注意されたとき、「教えてもらってよかった」と考えるか「どうして私ばかり注意するの?」と考えるかで、その後は変わってきます。
フラワーエッセンスを飲むことでこうした凝り固まった思考パターンが変わります。心が変わると周りの見え方や起こる出来事が変わっていき、結果的にあなたの人生も変わるのです。



■ 気付きがある

今まで当たり前のようにやっていた行動を自然と見直されるようなる。今まで入ってこなかった人の話がきちんと聞けるようになる。

■ 自分を客観的に見られる

自分の行動パターンや思考パターンのクセのようなものが見えてくる。客観的に見える事で、どう直せば良いかもわかるようになる。


■ 固定概念や思い込みからの解放

「こうしなければ」という固定概念や思い込みから自由になる。自分の価値観を大切に生きられるようになる。

■ 五感が研ぎ澄まされる

いつも見ていたものより、もっと広い世界が見えるようになり五感が研ぎ澄まさせれ、創造力や直感力が高まる。



フラワーエッセンスの特徴 

① 無味無臭

臭い、味、色はありません。ただし保存料としてブランデーや植物性グリセリンが入っています。お子様にはアルコールフリーのものがおすすめです。

② 副作用なし

フラワーエッセンスは薬ではありません。飲み方の決まりや飲み合わせ、体への害や副作用、習慣性や依存性といったものは一切なく、自然で安全なものです。

③ 誰でも気軽に使用できる

一切害がないから、赤ちゃんや子供、妊婦さんやお年寄り、どなたでも安心してご利用いただけます。飲みたいと感じたときに、直感で選んで気軽にご利用いただけます。



フラワーエッセンスの使用方法  

① 飲む

フラワーエッセンスは薬ではありません。飲み方の決まりや飲み合わせ、体への害や副作用、習慣性や依存性といったものは一切なく、自然で安全なものです。

② つける

手首やこめかみなど、直接垂らしてつけます。チャクラ、経絡、脈打つ部分につけてマッサージすることも効果的です。化粧水、マッサージオイル、シャンプーなどに混ぜ入れても良いでしょう。


③入浴

気分によって選んだエッセンスを15~30滴バスタブに入れて入浴します。体の表面からエッセンスが吸収され、バスルームがエッセンスで包まれ効果的です。

④ 部屋、植物、動物にスプレー

お部屋の空間や自分自身のオーラ、植物やペットなど、スプレーボトルにエッセンスを数滴垂らしてスプレーします。

⑤オーラクレンジング

手の平にエッセンスをすり込み、体のすれすれを拭くように使用します。



取り扱いエッセンス


■ 「バッチフラワーレメディ」

理学者、ホメオパシー医でもあったエドワード・バッチ博士によって1936年に完成された、自然由来のエッセンスです。植物や岩清水など38種類から作られたものと、その中で5種類の花のエッセンスを調合したレスキューレメディがあり、落ち込み、イライラ、ショック、不安、怒り・・・など、誰もが日常的に体験するような精神状態や感情に作用します。心が風邪をひいたように感じたり、人生に行き詰ったとき、心のバランスを取り戻すのに役立ってくれるでしょう。



※他にも「パシフィックエッセンス」「コルテPHIエッセンス」「ヒマラヤンフラワーエンハンサー」など、多種ご用意しております。

■ 「バッチフラワーレメディ」はこうして作られる

フラワーのうち20種類が太陽法、18種類が煮沸法で作られています。各植物がもつ癒しの力を水に転写し、これに同量のブランデーを加えたものを母液とし、母液をブランデーや植物性グリセリンなどの保存液で薄めボトルに詰めたものがバッチフラワーレメディです。作る季節(時期)は、それぞれ花が満開になる時期。英国では現在でもバッチフラワーが完成した1930年代と同じ方法で作り続けています。



フラワーエッセンスQ&A

一度に何種類も混ぜて飲んでよいですか?
一般的に最大7種類までといわれていますが、通常3~4種くらいにした方が効果がわかりやすくてよいでしょう。
使用量が少なすぎたり多すぎたりしても大丈夫ですか?
コップ1杯の飲料に3~8滴くらいの量であればとくに問題ありません。使用滴数はあくまで目安なので、大切なのは自分がどう思うかです。自分が5滴飲みたいと思えば5滴垂らすのが適量と言えます。
フラワーエッセンスは体にも直接効果はありますか?
フラワーエッセンスの力はネガティブな感情を開放すること。心のバランスが保てることで、結果的に体の緊張が和らぐことがありますが、基本的にフラワーエッセンスが特定の病気を治すことはありません。病気の原因になりかねない不安や怒りなどを精神的に癒します。
フラワーエッセンスの保存方法は?
直射日光を避け、涼しいところに立てて置き、保存して下さい。できれば冷蔵庫やテレビ、パソコンなど電磁波の発生する近くは避けた方が良いでしょう。
アルコールに弱い人はどうしたらよいですか?
エッセンスの中には保存性を高めるためにブランデーが入っています。アルコールが苦手な人は直接口の中に垂らすのではなく、ハーブティーやミネラルウォーターに混ぜて飲むと良いでしょう。また、入浴やスプレー、オーラクレンジングもおすすめです。
妊娠中や赤ちゃんは飲んでもよいですか?
赤ちゃんについては、ブランデーや塩が入っているので、引用ではなく足の裏につけてあげたり、オーラクレンジングが良いでしょう。また、妊娠中は基本的には問題ありませんが、感情が高ぶりすぎるもの、刺激が強すぎるエッセンスは控えましょう。
間違ったエッセンスを飲んでも大丈夫ですか?
エッセンスの中に植物由来の物質は入っておらず、直接体に作用を及ぼしません。間違ったエッセンスを飲んだとしても、水に溶けて流れていくだけで何の変化も起きません。つまり必要のない人には何の効果も変化も起こらないのです。
エッセンスを飲む人が信じる、信じないで効果は違いますか?
エッセンスの効果を認識していない動物や幼い子供でも高い効果が認められていています。信じる、信じないではなく、問題に取り組むときに積極的に考える事。「どうせ効くわけがない」などと否定的な姿勢をとっていては、たとえ効果があったとしてもそれに気付けない可能性もあります。
いつまで飲み続ければよいですか?
飲むことを忘れた時、飲まなくてもよいと感じた時、自分にとってそのエッセンスは必要でなくなったと考えてよいでしょう。そしてまた飲みたいと感じたときに飲めば良いのです。

他、詳しくはサロンにてご説明致します。
ご自身に一番合ったフラワーエッセンスを選ぶカウンセリングコースもございます(要予約)


ページトップ